モルディブ旅行の口コミサイト

みんなの投稿

マンタシュノ―ケリング

マンタシュノ―ケリング

私たちはシュノーケラーが大好きで、美しい海の中で群れをなす全ての種類の魚が大好きです。ですから、今年はマンタと一緒にシュノーケリングをするという前回の滞在ですでに経験済みの、いつもの旅行を我慢することに決めました。 去年のビヤドゥに滞在中からずっと胸に抱いていたこの旅をしたいという思いは、4月になっても続きましたが、その時期にマンタは見られない、見られるシーズンは5月の下旬から7月か8月までだと言われました。ですから今年は、6月30日から7月14日までで予約をしました。そのシーズンでなければならないのです! ウォータースポーツセンターにはカタマランに乗って体験する3時間の「マンタシュノーケル」というものが一人50ドルであり、もし、マンタが見られなかった場合は、他の環礁で代わりに38ドル払って簡単なシュノーケリングができるというものでした。私の第一印象は、「そんな、もしマンタを見られなかったらって?」だった。わざわざマンタを見るために6月に来たんだから…必ずいるはずだ!と思いました。 夫はもっと現実的で、「見られないかもしれないとスタッフが言うんだから、全く見られない可能性もある。」 と言いました。私はいつも強気で、何が何でもこの旅行に行くんだと主張しました。大変期待ししていました。私たちは船長を頼りに最高の時期を求めて数日待ってから来ました。しかし運の悪いことに、主人の言ったことは正しく、マンタは全く見られませんでした。 割引価格を支払って、西側のビーチから見えるラグーンで泣く泣く泳いで過ごしました。何度も知りたいという思いに駆られました。 美しい太陽と静かな海から始まりましたが、湿気が多く不安定な気候で空が陰り始めました。しかし決して最悪な天気になることはありませんでした。船の専門ガイドとともに楽しむカタマランは、美しい島に沿ってとても速く進みました。カタマランを漕ぐのは初めての私たちでしたが、水にとても近く、でも安全だと感じられたので大変堪能しました。すぐにマンタポイントに到着しました。そこにはすでに2そうのドーニとスピードボートが停泊していて、ゆっくりそのエリアを行ったり来たりしていました。私たちも少しの間その当たりをシュノーケルで泳ぎ周り、船長のアドバイスに従って、午前中を丸々費やしてしまわないように、適当にビヤドゥに戻り、島の西側近くの環礁でシュノーケルをしました。 大きな美しい珊瑚礁があって、いくつかのウツボ、カメ、たくさんの魚が見られましたが、量、質ともに、ビヤドゥの珊瑚礁をうらやむことはありません。 結論としては、大変いいシュノーケリングでしたが、マンタを見られなかったのは大変残念でした。でも、これはまた戻るいい言い訳になるかもしれませんね?!
ココナッツバー

ココナッツバー

ゆったりした夜を過ごすのに(時には日中でも)ココナッツバーほどいい場所はないでしょう。食べたり飲んだりするだけじゃなく、世界中から来たゲストたちとおしゃべりしたり、大笑いしたりするのにも最適なんです。着飾って出かける必要はありません。ショートパンツに裸足だっていいんです。だって、フロアーは砂だから。  スナックやドリンクの種類も豊富だし、お酒やカクテルもいろいろ揃っています。しかも、カクテルは見た目もきれいで、本当においしいんですよ。 カウンターの上にはカクテルのサンプルが飾られていて、その明るい色や花、美しいデコレーション(写真を参考)に誘われてカクテルを頼みたくなっちゃいます。カクテルの種類はいろいろあるんですが、私が一番きれいだと思ったのは“ブルーモルディビアン”という名前のブルーキュラソーが入ったカクテルです。すっきり爽やかなカクテルは“キャットビヤドゥ”というパイナップル、マンゴ、パッションフルーツが入ったカクテルです。または、ザクロのシロップ、パイナップル、オレンジ、ピーチが入った“フルーツファンタジー”もおいしかったです。  でも、実は私の一番のお気に入りは“ピニャコラーダ”です。あまりアルコールも強くないし、すっきりするし、ココナッツの味もすごく気に入りました。値段は高すぎず、一杯8~10ドル+サービス料&税(10% + 8%)でした。  バーエリアにはたくさん席があって、プラスチックチェアが置かれたテーブルもあるし、横には木製ベンチに囲まれた木のテーブルもあります。木陰にある木のテーブルのエリアはカフェでも使っているようです。ヤシの葉屋根の2つのカゼボも近くにあります。  左側のエリアにはコーヒーテーブルとプラスチックチェアが置かれていますが、反対側には一段高くなったフロアーがあり、週に2回(火曜と金曜)モルディブの若者がパフォーマンスを見せてくれます。 火曜日は二人のモルディブ人の男性によるライブでした。二人はレパートリーも豊富で、歌も演奏も本当によかったです。ただ、ライトが暗くて写真が撮れませんでした。金曜日は9人の男性がモルディブ伝統の歌とダンス(ボドゥベル)を見せてくれました。  残念ながら、両日ともワールドカップの試合と重なっていて、別のエリアでは大型スクリーンでパブリックビューイングが行われていました。だから、パフォーマンスを見に来る観客はちょっと少なかったです。  心地よい自然派バー:バーの屋根から2本のヤシの木が伸びています。木を傷つけず、そのままの状態が保てるように、屋根は幹を囲むように作られています。
エミレーツ航空の旅、ユニークな経験

エミレーツ航空の旅、ユニークな経験

今までに2回エミレーツ航空で旅をしました。いつもエコノミークラスですが、サービス、エンターテイメント設備、機内食はファーストクラス並です。クルーが多国籍なのには驚きました。つまり、英語をしゃべれなくても誰かと自身の母国語を話せる可能性があるのです。ドバイ新空港のターミナルはとても充実していて、いろいろなサービスが利用でき、免税店も完璧です。助けやガイダンスが必要なときは、親切なスタッフが対応してくれます。モルディブへ行くならエミレーツ航空がお勧めです。
金額に見合う価値

金額に見合う価値

わたしたちは空港で旅行会社のスタッフと会い、そこからはボードでわずか15分でした。ライフジャケッとを着用するようには言われませんでしたが、ボードの前方に備わっていました。 到着すると、スタッフに紙おしぼりとウェルカムドリンクを渡されました。とても暑い日だったので飲み物がとてもありがたかったです。それからリゾートでできることやできないことについて、簡単に説明を受けました。 1時間半後、部屋の準備ができました。フロントで迎えてくれたのと同じ男性スタッフに案内されました。おもしろいことに、おしゃべりをしながら部屋に向かって歩いていると、そのスタッフは突然、後は自分達だけで部屋まで行くように言いました。直進ではなく、左に曲がらなければなりませんでしたが、部屋は簡単に見つけられましたので、大丈夫です。 わたしたちが滞在するデラックスルームは、今までにリゾートで見たことがないくらい大きな浴室がありました。シャワーのために区切られたスペースはたいへん大きく、6人くらいが入れそうな大きさでした。そのとなりには長いバスタブがあり、そのとなりには洗面台がありました。壁と床はタイルでした。シンプルですが清潔で機能的でした。 入ってきたところにはくつろげるスペースがありました。木製の肘かけ椅子と長椅子がありました。ベッドの正面にテレビがあって快適でしたが、くつろぎスペースに座っていると見えませんでした。くつろぎスペースと寝室の間にはパーテーションなどはありませんでした。2つのシングルベッドが並べて置かれていました。大きなベッドでしたがまあまあの寝心地でした。シーツ類は清潔でした。それぞれに大きな枕が2つずつあり、ベッドサイドテーブルがありました。ハンガー付きの木製の棚があり、物を入れることができました。 バルコニーの外には椅子が2つと、濡れた衣類を乾かすためのラックがありました。暑い気候のおかげで洗濯物がすぐに乾くのでとてもよかったです。1つ問題を言えば、洗濯物を干していると、あるアイテムに限ってなぜかアリの大群が寄ってくることです。おもしろいことに好きなアイテムが決まっているようです。そのアイテムを取り入れるとアリたちはラックの穴へと帰って行きました。 島は小さく、十分歩いて探検することができました。少なくとも泳いだりシュノーケリングをしたりするのに最高の場所が2ヶ所はありました。ハウスリーフは岸からかなり近く、あまり泳ぎが得意じゃない人にとっても便利です。6月だったので、午後は少し海が荒れました。それを除けば、わたしたちがバンドスに滞在している間はずっといい天気でした。 島の中央にはレクレーションセンターがあります。そこにはジムもあり、結構器具などが揃っているます。それほど混んでいないのでどの器具もすぐに使用することができます。チルドレンクラブや子どもたちが遊べるエリアもありました。 地元の旅行代理店で予約したバンドスでの滞在は、たいへんお得なものでした。また同じようなパックがあれば、きっとまたバンドスに来るでしょう。パンフレットによると、1週間に何回か、プロによるクラスも受けられるそうです。イルカクルーズやないとフィッシングなどのツアーを予約できる部屋もあるそうです。スタッフもたいへん親切で、わたしたち希望を叶えてくれるでしょう。
豪華でおいしい食事

豪華でおいしい食事

私たちはハーフボードで、朝食と夕食を頼みました。どちらもメインレストランでのビュッフェでした。食事は新鮮でとてもおいしかったです。朝食には、シリアル、フルーツ、温かいもの、卵料理をその場で作ってくれるブースがあり、そして重要な飲み物!そう、これが飲み物を出してくれる唯一の時なんです。1日に500ml のミネラルウォーターはもらえるものの、他は全て購入しなければなりません。 夕食は豪華でした! 私たちは特にお菓子類が気に入りました。誰かがTAのお菓子類はとりたてて言うほどではないと口コミを書いていました。しかし4日間の夕食で私たちが食べたものはとてもおいしかったです。ハニーコームチーズケーキやバナナクランブルは最高でした。何人かのスタッフと話しましたが、高品質の材料を使用しているそうです。ある晩には、ラムケバブがありましたが、調理時間によってもおいしさが異なりました。ソースとたいへんマッチしていました。 たいてい、少なくとも3種類のフルーツが夕食時に出されました。ある晩には赤と白のドラゴンフルーツが出されました。ピンクグアバやザクロ、ザボンなどもありました。いつもりんごやオレンジなど同じものを食べるよりずっとよかったです。これは単なる個人的な意見で、いつもの普通のフルーツを好む人もいるでしょう。 とにかく、厨房スタッフのみなさんありがとう。 地元で手配したバンドスでの滞在はたいへんお得でした。また同じようなパックがあれば、ぜひバンドスへ来たいです。
イルカを見たけどちょっと残念

イルカを見たけどちょっと残念

大勢の人を乗せて3槽の船は出ました。4時15分にサンドバーに集合し、誰かが参加者が全員揃っているか点呼をとっていました。 わたしたちのグループには小さい子ども達もたくさんいました。屋根のないところに出て座りました。文字通り、小さい子どもたちのことが気になりました。船は高速で、顔に風を浴びて快適に進みました。20分ほど経過したころ、誰かが叫び、拍手をし始めました。そしてかなり遠くにイルカが飛び跳ねているのが見えました。船はイルカの方に向かってゆっくり進みました。近くにイルカを見ることができました。実際はかなりたくさんのイルカがいましたが、飛び跳ねているのはそれほど多くなかったです。私たちはイルカショーでいつも飛び跳ねているイルカに慣れてしまっているのでしょう。多くのイルカがただ泳いでいるのはそれほどおもしろいものではありませんでした。 船員は冷たいスパークリングジュースを私たち全員に振る舞いました。これは予期していなかったので、とても喜ばしいサプライズでした。 とてもいい旅行でした。イルカがもっと協力的だったらもっと楽しかったでしょう。
初めてのクラブメッドでの素敵な滞在

初めてのクラブメッドでの素敵な滞在

初めての滞在でした。島のコンセプトについては読んでいました。 親切な経営陣やスタッフは確実にわたしたちがクラブメッドについて知っていること、期待していることに全て答えてくれました。経営陣は基本的に大変親切で助けになります。そのうち2人は1日目にわたしたちと夕食をいっしょにしました。その後会う度に、まるで旧友のように挨拶を交わすのがとてもよかったです。 ファミリークラブバンガローはきれいでしたが、メインのアクティビティーエリアから離れていました。3つめのベッドが入れられ、薄いマットがソファーの上に置かれました。ベッドは固めで心地よかったです。シーツは清潔でしたが、毎日は交換されませんでした。ベッドで横になってビーチが見えたらよかったのですが、草木が遮って見えませんでした。でも波の音が聞こえたからまあいいか。部屋にwifiはなく、 wifiを接続するためには受付ロビーに行かなければなりませんでした。受付係は喜んで ID とパスワードを書いた紙を渡してくれます。しかし wifi の接続は場所が限られています。たとえ現地の空港の店などでSIM カードを購入したとしても、部屋では接続できないことを覚えておいてください。これはクラブメッドの問題ではありませんが、ビーチでネットサーフィンをしようと思っている人は気をつけてください。これがどの島でもそうなのかは定かではありません。 部屋にドライヤーはありませんでした。髪の長い客にとってはドライヤーがあるとありがたいでしょう。ボトル入りのシャンプーとボディローションがありました。歯磨きや歯磨き粉は自分で持っていかなければなりません。プールとジムにはタオルがありました。ジムは海に面しているのでテレビの代わりに海を眺めながら運動できます。しかし運動器具は最新ではありませんでした。 メインレストランの全てのビュッフェ料理を食べました。メインディッシュは日替わりでバラエティーに富んでいました。時々レストラン内に砂が舞って大変でしたが、フルーツが豊富でよかったです。 ビーチで参加したヨガレッスンは気持ち良かったです。エクササイズマットに座り夕日を眺めながらヨガを行いました。プールのアクアジムも良かったです。経営陣とのセーリングは楽しく勉強になりました。 ガラスボートのツアーにも参加しました。私たち4人は船酔いしてしまいました。おそらく時間が早すぎたのでしょう。もう少し後にすれば朝食もしっかり消化されてよかったでしょう。船酔いする人もいるとあらかじめ伝えていてくれたらよかったです。私の妻は船に乗って5分もたたないうちに酔ってしまいました。 素晴らしい滞在でした。休暇を必要としていて、ただ泳いだりシュノーケリングをしたりしたいという方にお勧めです。今の季節は波も荒く、泳ぎが得意じゃない人は、泳がないほうがいいでしょう。朝にカヤックに行くくらいでいいと思いますよ。
有能なトルコ航空

有能なトルコ航空

6月下旬、モルディブに再び降り立ちました!家族に重大な問題が起こり、この夏に戻れるとは思っていませんでした。ベニスから飛んでいる最も有名な航空会社のウェブページを覗いてみました。去年は初めてカタール航空を利用しました。また、事前に予約するのも初めてでした。以前は、遠出するときは、チャーター機がいいと思っていたためミラノの指定の空港まで行かなければなりませんでした。しかし、ベニスからミラノへ行くのでも、時間がかかるのはもちろん駐車料金や高速代などの費用もかかり、特に疲れきっている帰りはたいへんです。端的に言えば、家から数マイルのベニスからのスケジュールフライトがたいへん便利だということを知りました。ですから、すぐに詳細と割安商品がないかを調べました。そしてトルコ航空に行き当たりました。肯定的な口コミが多く、利用しないわけにはいかないと思いました。その時の値段はカタール航空やエミレーツ航空より安かったので、6月29ら予約しました! 往復の航空券を予約したのは3月の終わり頃でした。行きの座席を予約しましたが、帰りの座席は4月6日以降からしか予約できませんでした。4月6日をすぎて何度か帰りの座席予約をしようとしましたが、うまくいきませんでした。しかし5月中旬になって(それは土曜の夜でした)忍耐を切らしそうになりながら、どうすれば復路の航空券を予約できるか、そして質問ついでにイスタンブールの乗り継ぎで問題が発生したときのために、イタリア語ができるスタッフはいるかをトルコ航空のベニス支店にメールをして尋ねました。 翌日(日曜日!)返事が届きました。トルコ航空ベニス支店のはからいで復路の座席は予約されていました(座席番号も記載されていました)そして希望すればアタトゥルク空港で無料で乗り継ぎ補助を受けられるとのことです。さらに2日間、2通のメールのやりとりをして(待たされることなく)情報を得、無料の乗り継ぎ時の補助も段取りしてもらいました。素晴らしい。とても有能です!この航空会社を選んで本当によかったです。今は旅行が楽しみです。フライトについての情報はまた後日!
パラダイスでのマッサージ

パラダイスでのマッサージ

結婚式の興奮の後、今まで積み上げられてきて爆発した、人生で最高に気持ちが高ぶった日、パラダイスでのマッサージは確実に最高でした。 冷たいビールを片手にサンベッドで美しい海を眺めていた自分達に行動を起こさせるのは至難の業でした。しかしやってみる価値はありました。スパは美しく静かな場所にあり、入ったとたんにリラックスできました。 スタッフは島の全てのスタッフ同様プロフェッショナルで、眠りたくなるような心地よさを乱されることは決してありませんでした。 私たちはどちらも60分のボディーマッサージを受けました。それは素晴らしく、それまで一度も施術中眠りに陥ることはありませんでしたが、この時は数分ですぐに眠ってしまいました。終わった後にこんなに気持ち良く感じたことは初めてでした。それは、残りの新婚旅行を有意義なものにしてくれました。 もしモルディブ旅行をお考えなら、ぜひこのホテルに滞在し、このスパを体験してください。
留意点と心配点

留意点と心配点

口コミの評判以上に、COCOでの滞在を鮮やかで特別な忘れがたいものにしてくれた瞬間や体験をお伝えしたいと思います。ですから、タイトルは 「留意点と心配な点」にしています。 私にとって贅沢とは、自分の感覚や感情を巻き込んだ特別で忘れられない経験をしたときに手にできます。自然や人間によって作り出されます。 人。島にマジックを起こすのに大変重要なものです。チーム(ここではアソシエートと呼ぶ)は素晴らしく、いつもそこにいて、プロフェッショナルで面倒見がいいです。私もサービス業に従事していますので、そのような姿勢を見ると大変ありがたい気持ちになります。おそらくそのような面を自分が提供しているのでしょうが、島では何人かの特別な人たちに会いました。みな今も私の人生、考え方、心に影響しています。 Asadh は,マルチな才能があり、教養豊かで大変素晴らしい執事(今も)、それ以上でした。彼からはたくさんのことを学びました! Sobreeは, 私のウ゛ィラを担当してくれた人で、私の全ての希望を叶えてくれました。 Sanjayと Wei Jeiは, 島にいっしょに来た特別な友達のために、個性的でオーダーメードの経験をさせてくれました。 インド人女性のJonakiは, 笑顔で歓迎してくれて、さらに大きな心で客や従業員に接していました。毎朝早く私の一日を笑顔と願いでスタートしてくれた'朝日部隊'です。他にもたくさんの人や経験がありますが、この口コミ文が長すぎたらごめんなさい。 GMs、RMs、OMsについての話でこの章を締めくくりたいと思います。もし個人的に、直接的に、具体的に、価値ある接触が彼らとできたらたいへん喜ばしいことだと思います。全ての宿泊客と実行することが難しいのは承知しています。しかし、私が最優先に思うのは経営、特に前回の滞在は誇りに思えるものでした。 自然について話しましょう。まずは、海中世界。ココボドゥヒティは、田舎的で自然豊かです。色とりどりの庭という感じではなく、どちらかというとジャングル、モルディビアンジャングルです。ですから私にとっては最高です!もし、現地のもの以外の花を、綺麗にするために植えたとします(なぜモルディブをきれいにしなければならないかはいまなお疑問ですが)。そうすると、世話をしなければなりません。維持するために、大切な水を使わなければなりません。水は世界中で大切な資源です!だから水はなくていいのです。花のことは忘れて、漂流生活のような経験に身を置いてみましょう。ボドゥヒティには、特に夜、一カ所「ここはどこ?」と思えるような場所があります。ぜひその場所を探してみてください。私はその驚きの感覚をたいへん楽しみました。海中世界:ヨーロッパにいて、リゾートを選ぶのに最も大切な点は、ハウスリーフです。運のいいことに、モルディブのいくつかのリゾートと比較することができます。そして驚くべきことに、ココボドゥヒティはモルディブの中でもたいへん素晴らしいひとときを提供してくれるリゾートのひとつであります。そこで飼育されているカメ、珊瑚礁の庭、巨大な潜水艦、水上ヴィラに沿って広がるハウスリーフは、本当に無傷で素晴らしいです。私はただの情熱的なシュノーケル愛好家です。ボドゥヒティは簡単ににモルディブの奇跡的な海を散策できる、あらゆる機会を提供してくれます。もし技術的に大丈夫であれば一人で、またはプロフェッショナルで熱心な海洋生物学者 Chiaraと一緒に楽しむことができます。必ず彼女に会い、午後の講義に参加しください。または島の清掃活動に参加することもできます。環礁、ラグーン、ビーチ、どこであれ、Cocoのチームと一緒になって活動すればたいへん気持ちが良くなるでしょう。 食事。毎回の食事が体験でした。陽気な Air のビュッフェ、Aqua のシーフードグリルの巨大なタワー、(インド洋の上で、暗闇の中愛する人とたった二人きりで独特の感覚を味わうことができます。原始的に手で食べずにはいられませんでした)、日本料理 Tsuki (ここの従業員は私たちのリクエストを聞いてくれて、ほぼすべてのTsuki のメニューを、上と下の階を行ったり来たりして提供してくれました。また、Breeze Beach BBQ は砂浜で、または子どものように海で遊びながら楽しめます。桟橋を渡って行く Stars は、隠れがのそばの静かな離れた海の上でロマンティックな所です。(この体験はサンセットの時間と合わせると、完璧になります) Coco スパ。(2014年のワールドラグジュアリースパアワードで、モルディブのBest Luxury Destination Spa に選ばれたそうです)ここには秘密の遊び場があります。それは、海を見渡せる贅沢な場所です。日の出(かなり正面に)から日の入りまでいつも独立しています。あなたの周り一面が海で、その一部であるような感覚を作り出します。これこそ本物の癒しで、Spa = salus per aquamで、最高潮に達します。 持続可能性について。この点でモルディブを休暇の地に選んだことはありますか?もしそうでなければ、ぜひそうするべきです。Coco は環境政策と目的を持っています。それをしているのは、ここだけではありませんが、数少ないリゾートのうちのひとつです。信じてください。
楽しんで!!!

楽しんで!!!

このエレガントなスタイルのリゾートはとっても居心地がいいんです。島も透き通った海も最高でした。イタリアンブラボー社のスタッフも陽気で楽しい人で一日中楽しませてくれました。リゾートスタッフもみんな優しくていつでもいろいろ手助けしてくれました。でも、何といってもこのリゾートの最大の強みは料理でしょう。ビュッフェの料理がすごいんです。新鮮な魚がいろいろな調理法で食べられます。 また、元気なスタッフたちが毎日いろいろなアクティビティを行っていて、朝には軽めのエクササイズ、日中は海での水中エアロやビーチスポーツなどが楽しい音楽とともに体験できます。夕食の後もいろいろなショーを楽しみながら一日が終わっていきます。時には子供たちを巻き込んだイベントだったり、バーエリアで夜更けまで音楽を楽しんだり、忘れられない思い出になるでしょう。  ある夜のショーは伝統的なモルディブダンスのショーでした。モルディブの伝統衣装に身を包んだモルディブ人スタッフたちがダンスを見せてくれました。 最後に、これは絶対伝えなきゃいけないのは“ビューティーセンター”についてです。プロのセラピストたちが極上のマッサージで癒してくれて、本当にリラックスできます。女性には特におすすめです。
エティハド航空はとてもフレンドリー

エティハド航空はとてもフレンドリー

2013年12月、1歳と3歳の子どもを連れて、エティハド航空でモルディブへ行きました。機内ベビーシッターサービスのお陰で快適なフライトとなりました。彼女は娘たちのことをいつも気にかけてくれました。誰よりも先に食事や飲み物を出してくれ、おもちゃの入ったバッグまでくれました。そのお陰で子どもたちは11時間のフライトを退屈することなく過ごせました。また、エティハド航空の全ての客室乗務員はたいへん親切でフレンドリーでした。 子どもたちを行儀良くさせようと頑張ったので、私は疲れてしまいました。客室乗務員の何人かはそのたびに私を励まし、飲み物や甘いものを持ってきてくれました。それほどまでに親切な乗務員には会ったことがありません! 食事は3種類ありました。ベジタリアンの食事が気に入りました。ワインが好きですから。
ビヤドゥ再び

ビヤドゥ再び

3回目のビヤドゥの旅から帰ってきたところです。(2月4~18日 ) のんびりした、カジュアルでフレンドリーな感じが好きでこの島を選びました。夜のフライトを待つときのように、ボートの待ち時間がいつもより長かったです。いつも通り40分ほどで島に到着しました。そこでは接客担当者とクオニの代表、デイジーに迎えられました。まもなくしてチェックインをし、西側の1つめの固まりにある大きなファミリールーム(50番)に案内されました。それはビーチの最も美しい部分の1つに面していました。快晴で雨のない2週間を過ごしました。スタッフはみないつも通り素晴らしく、私たちの部屋のボーイ、ザーヒルは部屋をきれいに掃除してくれ、おもしろい話を聞かせてくれ、とてもいい男人でした。今年私たちのテーブルを担当してくれたムーサもまたいいや人で、楽しい話を聞かせてくれました。バーのスタッフはすぐに私たちの飲み物を覚えてくれたし、私たちを見かけたら、反対に待ってくれているようでした。前ここへ来たときから私たちのことを覚えてくれているようです。他のスタッフもすべていい人でとても親しみやすかったです。シェフもまた、私たちのことを覚えていてくれていたし、食事も、特にパンとデザートが最高でした。今年はドロップオフ付近の水がちょっと冷たく感じられましたが、岩礁はいつも通りよかったです。何時間も海の中で過ごしました。たくさんのリピーター客にも会いました。それはこの島のよさを明白にしてくれます。クオニ代表のデイジーは、親切でいつでも時間を取って気軽におしゃべりしてくれます。もしビヤドゥでの休暇をご希望なら、今すぐ予約してください。部屋はちょっと古目ですが、清潔ですべてがしっかり機能しています。滞在中ずっとペンキの塗り替えをしていたので、もっときれいで新鮮です。岩礁は素晴らしく、アクセスも簡単です。素敵な休暇をありがとう。そしてもう来年の予約をしようかと考えています。
美しいビヤドゥ

美しいビヤドゥ

カタール航空でベニスを4月15日に出発し、時間通り16日の7時50分にマーレに到着しました。フライトは便利で楽しいものでした。英語も少ししかできないのでちょっと怖かったですが、初めてのフライトでした。ドーハでの乗り換えも思っていたより簡単でした。ドーハ空港は素晴らしく、イタリアの空港よりしっかりしていると思いました。困っていることはないかと声をかけてくれるスタッフがいつもいました。 すぐに Dertourの担当者を見つけ、私たちをボートに誘導してくれました。ディラーグ(8時から営業)でリフィルを購入しなければならなかったのですが、その間私を待っていてくれました。ボートの乗客は私たちのみで、25分以内でビヤドゥに到着しました。そこでHadhyに会い、シュノーケリング、小旅行、レストランの営業時間などを説明してくれました。私のつたない英語を理解してくれました。 朝120番の部屋に案内され、2時からは 90 番の部屋が利用できました。 部屋に関しては、アイシャにお礼を言わなければなりません。西側の上の階の部屋を希望するなどとメールしておいたらその通りにしてくれたのですから。 部屋は建物の端でとても広く2つのベッド(1つは明らかに私たちには不要)がありました。小さいテラスにはいすが2つと(使いませんでしたが)服などを乾かすための木のラックがありました。装飾は古目でしたが機能的でした。バスルームも同様です。清潔で、毎日外用、中用のタオル交換もされました。私たちはビヤドゥに14日間いましたが、4、5回はベッドを美しくで花で飾ってくれていました。それも毎回ちがった感じで!スタッフすべて(受け付け、客室、レストランなど)は大変親しみやすく私たちがくつろげるよう何でもしてくれました。 レストランについてですが、2キロは太ったと言えるのではないでしょうか。デザート、特にムースは素晴らしかったです!その他は、スパイシーな食事や、そうでないものや、たくさんの種類の野菜、パスタ(湯がきすぎでしたがおいしかったです)、いろいろなライスメニュー、魚、肉、スイカとパイナップルはほとんど毎日ありました。 島は緑豊かで正に"小さいジャングル" です。背の高いヤシの木やたくさんの植物が生い茂っていました。ビーチと並行に小道が走り、その中にたいていはスタッフが利用するさらに小さい道がたくさんありました。これらの小道の比較的幅の広い道の1つは、小さなモスクやスポーツグラウンドへとつながっていました。生き物はあまり見ませんでしたが、それは別にかまいません。 私たちは主にシュノーケリングをし、数回島全体をまわりました。珊瑚は生き生きと美しかったですが、場所によってはグレーで色を失っていました。グレーなのは南側で、その他のエリアの珊瑚は状態がよかったです。魚群はこの島の強みです。あらゆる種類の、見たこともないような数の魚が個々で、群れでいました。毎日少なくとも3時間から半日は海の中にいました。4から6匹のゴマモンガラ、2、3匹のウツボ、タコを1、2匹、ブルーサージョンフィッシュは数えきれないほどいました。その他のカワハギ、チョウチョウウオ、ハタ、 タカサゴ、 ヒトデなども見ました。14日間でカメを4回見、朝、浅瀬でツマグロを見ました。ウミワシが見られなかったのは残念ですが、ぜひ次回に ...。 1週目はイタリア人が数人しかいませんでした、2週目にはたくさんいました。主にドイツ人、イギリス人でしたが、フランス人やほかの国籍の客もいました。幼児も(1、2才の子も)いましたが、彼ら向けのエンターテイメントはありませんでした。 2つのツアーに参加しました。ドルフィンツアー(たくさん見ました)とサンセットフィッシングツアー(残念ながら何かわからない小魚しか釣れませんでした)です。外国人の女性がフックでタコを釣りました。 かわいそうなタコ。その後どうなったかは言えません。 天気はたいへん良く、12日間は快晴、ある午後の30分だけ嵐、それから晴れ、最後から2日目は半日は海が荒れていました。 ビヤドゥでの滞在はたいへん喜ばしいものでした。特にシュノーケリングです。帰れるものなら明日にでも帰りたいです!
最高に幸せ~

最高に幸せ~

全体的にすばらしい体験でした。私たちメディアクルーが泊まったジャグジー プール ヴィラは、フローリングのエリアはかなり危ないと言わざるを得ませんが、デザインはとても素敵でした。 ビーチはとても美しく清潔で、いろいろなアクティビティを楽しむゲストもいれば、横になってのんびりリラックスするゲストもいました。料理もすばらしかったです。モルディブ料理にもチャレンジしましたが、私たちマレーシアの料理にすごく似ていると思いました。 空港・リゾート間のスピードボートも最高でした。島に着いたその瞬間からずっと、スタッフはみんな温かくて、心遣いがすばらしかったです。実は近々またバンドスに行く予定です。

タイプ別検索

旅行者タイプ別口コミ

カップル • 夫婦 友達 子供連れ 一人旅
Maldives Traveller work has won the prestigious 'National Award for Promoting Maldives Tourism'
Winner of National Award for Promoting Maldives Tourism

piermaria.simionatoさん piermaria.simionatoさん (165,217 - 87,400) = 77,817 ポイント · 68 件の口コミ · 4,564 枚の写真 · 64,572 件の「いいね」 Paolaさん Paolaさん (78,152 - 10,000) = 68,152 ポイント · 46 件の口コミ · 2,147 枚の写真 · 35,481 件の「いいね」 Stefano Bertoloneさん Stefano Bertoloneさん (20,853 - 0) = 20,853 ポイント · 14 件の口コミ · 890 枚の写真 · 9,195 件の「いいね」 Robin Yongさん Robin Yongさん (16,365 - 0) = 16,365 ポイント · 18 件の口コミ · 451 枚の写真 · 2,936 件の「いいね」 Mattさん Mattさん (6,788 - 0) = 6,788 ポイント · 11 件の口コミ · 781 枚の写真 · 368 件の「いいね」

運営会社 お問い合わせ 利用規約 プライバシーポリシー コミュニティガイドライン AFFILIATE PARTNER